結婚式用アップスタイル

結婚式などに似合う髪型は、ドレスによってもそれぞれでしょうが、アップスタイルなら、基本的にどんなドレスにも似合いますよね。
普段、髪の毛を下ろしている人が、こうしたパーティーなどで、アップにすると、それだけで、ずっと華やかなイメージになります。
いつも職場で会っている男性達も、きっとドキドキすることでしょうね。
アップアレンジと言っても、一昔前の、キツキツに固めるアップスタイルではなく、カールなどでボリュームを出してあげるのが今風です。
アップにしてあるものの、髪の毛の先にカールがかかっていたり、ゆるく後れ毛が出ていたりする髪形は、女性らしくて男性ウケもよいです。
特に高い位置でアップにすると、襟足がきれいに見えます。
襟足を見せるアップスタイルは、もちろん、着物にも似合いますし、ドレスでも背中が開くタイプは、よりきれいに着こなすことができるでしょう。
襟足に、ほどよく開いた背中、後姿がよりセクシーになりますよね。
女性らしいアップスタイルは、結婚式用の髪型の中でも、より男性たちをドキドキさせるのではないでしょうか。
毛先には、ふんわり感を出しながら、アクセサリーで飾ればゴージャスなウエディングスタイルの髪型になります。
アップスタイルは難しいかと思っている人も多いでしょうが、ポニーテールのような感じで結ぶ方法なら、簡単にできますよね。
あとは、逆毛を立てて、ボリュームを出すだけなので、どなたでもわりと簡単にできる髪型です。
是非、アップスタイルのやり方を覚えてくださいね。

 

ウェディングのヘアースタイルを特集!

 

エレガントスタイルキュートスタイルナチュラルスタイル
それぞれのヘアースタイルをピックアップしています☆

>>詳細はこちら

ポニーテールのようなアップスタイルがおすすめ!

ポニーテールのように、髪を上に結び、アップスタイルにする方法です。
まず、髪全体にワックスをつけます。
手のひらになじませてから、髪の毛の全体にワックスをつけていきましょう。
そして、耳から上の髪をとって、左上にまとめたら、ゴムでしっかりと結んでおきます。
崩れにくくするために、ゴムはややきつめに結んでおきましょう。
ポニーテールのように結びますが、やや高めの位置で結ぶことがコツですから、前から見ても見えるくらいの位置にしましょう。
襟足の髪をまとめゴムの根元にピンでとめます。
やや右上にコームを挿しますが、このときにゴムを隠すように飾りましょう。
次に、アップした髪の毛束から少しの量をとり、逆毛を立てていきます。
少しずつ髪をとって、根元からしっかりと、逆毛を立てるのがコツですし、ここでしっかりと逆毛を立てておくと、崩れにくくなります。
逆毛でボリュームが出ますので、髪が短めの方でもきれいなアップスタイルができます。
前髪は後ろに向かってピンでとめます。
ポンパドールのようにふんわりと作っても可愛い髪型になりますね。
仕上げは、全体にスプレーをかけ、長い時間でも崩れにくくしておきましょう。
こうすることで、結婚式から二次会と長丁場になっても安心です。
最後にフラワーアレンジメントを飾ります。

チャームやカチューシャなども結婚式に似合うでしょう。
大き目の飾りですとより華やかになる髪型ですから、結婚式やパーティーにもおすすめです